釣り

初心者にこそオススメしたいライン結束器

突然ですが、皆さん釣りで悔しい思いをしたのってどんな時ですか??

はい、僕が釣りをしていて一番悔しいと思うのは、ボウズでも大物をバラした時でもなく、大物を掛けてからラインの結束が抜けてしまった時。

僕はまだまだ初心者の頃、1回だけあります!

残念ながら魚の姿は見えませんでしたが、竿をのされラインをガンガンに出されてラインの結束部分から抜けてしまった経験が…

今にして思えば魚の走り方からして良いサイズのブリではなかったかと思いますが、この時は本当に自分の未熟さを痛感しました

それから結束を自分なりにネットやユーチューブの情報を漁り、色んな結束を色んな結束器を買い試してみました。

電車結びは簡単だけど、結束強度が気になるし、PRノットは結束強度が高いけど結び目のコブが大きくなってしまってキャストする時にガイドに干渉してしまう…

ショアからの釣りが中心なので、今ではガイドの干渉も考慮して結局FGノットオンリーです!

FGノットを組むために、色んな結束補助器具を使ってみましたが、今回は皆さんに自信をもって結束強度が高くコブが小さいFGノットを早く、正確に組める器具を紹介します!

 

 

細目のPEラインにおススメ【第一精工ノットアシスト2.0

僕はPE2号までのエギング、磯スズキ【第一精工ノットアシスト2.0】を使用しています。
かなり簡単にFGノットを組む事ができ、タックルボックスの中に必ず入れてます!
メーカー推奨の対応ライン号数はもっと太くても大丈夫ですが、リーダーにPEラインを編み込んでいくイメージなので、PE2号より太くなるとどうしてもラインにかかるテンションが弱い感じがします。
実際こちらの商品で結束したラインだと、根がかりをした時に結び目から抜ける事があります。
デメリットを書きましたが、根が掛かりした細いPEラインを強い力で強引に引っ張った時に抜けるので、通常釣れるサイズの魚やイカであれば十分な強度が出せていると思います!

おススメの釣り

【エギング】
PEライン0.4~1.2号
リーダー1.5~3号(6~12lb)
【磯スズキ】
PEライン1.5~2.5号
リーダー3~7号(12~25lb)

メリット

・コンパクトで持ち運びに便利。
・ワンタッチでラインをとめれるのでラインがずれない。

デメリット

・引っ張る力が弱くテンションがかけにくい。

太めのPEラインにおススメ【ギアラボ ezノッター

ジギング【ギアラボ ezノッター】を使用してます。
かなり高い結束強度を出す事ができ、結び目から抜ける事はまずないです。
こちらの商品はメリットよりデメリットの方が多くなってしまいましたが、デメリットを補って余りある位強く結束できます!
こちらの商品【ギアラボ ezノッターライト】という商品も発売していますが、細いPEラインの結束強度、携帯性も考慮すると先に紹介した【第一精工ノットアシスト2.0】で十分だと思います!

おススメの釣り

【青物】
PEライン3~5号
リーダー12~30号(40~100lb)

メリット

・かなり強めのテンションで編み込んでいくので、結束強度がかなり高い。

デメリット

・折り畳んだりできないので、持ち運ぶのにかさばってしまう。
・テンションが強すぎて結束中にラインが切れてしまう事がある。
・結束の際、ラインが固定し辛くズレてしまう。

まとめ

今回はラインの結束器をインプレしてみましたが、初心者の方こそ是非使ってみてください!
実際の使い方はあえて書きませんでしたが、各メーカーのHPに動画付きで紹介されている
のでどちらも慣れれば暗い磯でも5分以内に簡単にFGノットを組む事ができます。
大物は初心者、上級者関係なく突然来ます!
そんな時に悔しい思いをしない為にも是非使ってみて下さい。
もう手放せなくなってしまう事請け合いです(笑)

おまけ

ライターで炙ってコブを作ると思いますが、ラインに火を近づけすぎて本線のPEラインから切れてしまう事がありますが、こちらの商品を使うと簡単にキレイなコブを作る事ができます。
ライターって意外とガスが残っていても、磯際だと風が強かったりして意外と火がつきにくかったりします。
そんな時におススメしたいのがこちら【バークレー ミニホット ワイヤーラインカッター】。
電熱線でラインをカットするので、風がいくら強くても関係なくラインぎりぎりでコブが作れます。
ライターがあれば何とかなり、なくてもいい商品ですが僕は確実にノットを組むためにもはや手放せない商品になってます!
ABOUT ME
hutch
どうも釣りが大好きなハッチです! 外で遊ぶアウトドア全般好きですが、特に釣りには時間もお金も随分つぎ込んでしまっています(-_-;) 普段は鳥取県の長尾鼻をメインフィールドにショアジギング・エギング・アジング・カゴ釣り・フカセ釣りと何でも手を出すという節操のない釣り方をしています。 釣りのゲーム性より魚を食べたいんですね! このブログでは自身の釣果情報や釣りグッズなどの情報発信をしていきますので宜しくお願いします!
こちらの記事もおすすめ!